nanto-e.com archive

なんと!−e星空..*・☆

★南砺の地から星空関連やローカル情報を画像紹介します。毎日更新中★

「南砺の星空」始めました。

2006年04月23日
記念すべき第1回は、城端「向野の江戸彼岸」(4/19撮影)です。
ライトアップされた一本桜の横にシリウス(大犬座)とオリオン座が..

Edo_2768rdksv
残念ながら既に満開を過ぎたようです..
昨年の「向野の江戸彼岸桜」へどうぞ

Edo_2753sv
三脚固定で撮ってますが、強風のため桜が一部ぶれています。
(いずれも画像をクリックすると別窓に拡大表示します)

【追加】昼の「向野の江戸彼岸」(画像提供:我が家の爺様)
Edo_0107sv
↑この日(17日)が一番見ごろだったようです..
#さすがに平日昼間は出かけるわけにもいかず、
#爺様撮影の画像を拝借しました(承諾済)

Edo_0122sv
撮影日時は画像右下参照/オリンパスのコンデジ(型番未詳)
オート撮影/いずれも画像をクリックすると別窓に拡大表示します

右上の星は、おおいぬ座シリウス
Edo_2763sv
4月19日晩/ニコンD70(ISO800,RAW)/標準添付EDズーム18-70mm(広角側)
露出8秒又は15秒/撮影地:南砺市城端地域

黄砂

2006年04月24日
午後、所用で出かけた際のスナップです。周囲は真っ白(黄色)..
Kosa_2201sv
↑市内城端地域
Kosa_2204sv
↑市内井波地域
★いずれも画像をクリックすると別窓に拡大表示します★
Kosa_2211sv
すぐ近くの八乙女山〜赤祖父山の山稜が霞んで見えません。
2006年4月24日/Canon IXY D400(露出オート)

医王に沈むオリオン(静止画編)

2006年04月24日
元画像が黄砂の影響で黄色い(汚い)のでRGB補正したら..
#今度は青っぽくなりすぎ?..(苦笑)
★いずれも各画像をクリックすると別窓に拡大表示します★

【1】+航空機の軌跡2本
Ori_2778sv
【2】+航空機の軌跡1本
Ori_2779sv
【3】画像の山は「医王山」。その向こうが金沢市
Ori_2780sv
【4】金沢市の光害で医王山の稜線がくっきり..
Ori_2781sv
【5】(いずれも画像をクリックすると別窓に拡大表示します)
Ori_2782sv
【6】中腹の明かりがIOX-AROSAスキー場
Ori_2783sv
2006年4月19日20時19分〜28分頃(30秒露光×6枚)
ニコンD70(標準EDズーム18-70mm最広角側)
自宅前で三脚固定撮影

シュワスマン・ワハマン第3彗星

2006年04月25日
黄砂の影響が残るものの星が見えるので強行撮影..
4月24日深夜の画像です。今回はG核も撮影できました。
【B核4枚コンポジット】

73pc4e424bsv
2006年4月24日24時28分〜50分
5分×彗星頭部基準で4枚コンポジット(他はページ下に記載)
外にいるときはC核とB核を確認しただけでしたが、室内に戻って画像をよく見ると、G核らしき淡い光芒を発見!
【B核の上の淡い天体はG核らしい】赤マーカー部分

73pc4e424btsv
【C,B核の位置】ニコンD70(ED180mmF2.8望遠)による
73pc3n424tsv
3分露光×3枚コンポジット
初期型Pentax75赤道儀ノータッチガイド
★いずれも、画像をクリックすると別窓に拡大表示します★
【C核6枚コンポジット】
73pc6e424csv
C核は、6cm×20で苦もなく見つけることができた。
#肉眼彗星になると予報されているが、期待してよいかは微妙..
【C核1枚撮り】

73pc_4166sv
【B核1枚撮り】
73pb_4178sv_1
【B核(+G核)1枚撮り】G核は赤マーカー部分
73pb_4178tsv
2006年4月24日23時0分〜33分/5分露光
彗星頭部基準で6枚コンポジット
EOS kiss_D(IRC除去機,ISO800,RAW)/ボーグED10cmF4直焦点
EM-10赤道儀改+DSIによるオートガイド/自宅前

シュワスマン・ワハマン第3彗星4/26

2006年04月26日
本日早朝のシュワスマン・ワハマン第3彗星です。
【C核】★いずれも画像をクリックすると別窓に拡大表示します★
空が暗ければ5cmファインダーでも見つけられます。
微かに尾の方向も分かります。

73pc7e0426sv
2006年4月26日02時03分〜03時03分
(5分露光×7枚コンポジット)
【C核−2】人工衛星が通過..

73pc_4185sv
2006年4月26日02時03分〜08分(5分露光)
【B,G核】何と人工衛星が複数通過..

73pbc4e0426sv
【B,G核−2】B核は眼視確認困難..(そらし目で見えるような?)
73pbc4e0426tsv
★いずれも画像をクリックすると別窓に拡大表示します★
2006年4月26日03時08分〜29分(5分露光×4枚コンポジット)
EOS kiss_D(IRC除去機,ISO800,RAW)
EM-10赤道儀ノータッチガイド/自宅前で撮影

チューリップ

2006年04月27日
本県の県花チューリップ。
隣の砺波市が有名ですが、実は南砺市でも生産農家があります。
南砺市飛騨屋(井波)で撮影。

Churip_2235sv
★いずれも画像をクリックすると別窓に拡大表示します★
Churip_2234sv
この時期、田植えの準備と重なるので生産農家は大忙し..
Churip_2232sv
砺波チューリップフェア開幕中ですが、近郊の生産農家の圃場を
見る方が落ち着いて鑑賞できるかも..

Kiji_2233sv
↑こんな珍客もチューリップを見に来ていた..?
Churip_2230sv
栽培農家は球根が目的なので、花びらが切り取られていて鑑賞には物足りないこともあります。

沈むオリオン

2006年04月27日
#m(_ _)m しばらくお待ちください
読み込みに少々時間がかかります。
↓西空(医王山)に沈むオリオンを動画風に表示します。

★画像をクリックすると別窓にVGA拡大版を表示します★
地元スキー場のナイター営業が終わるのを待っていたら、
4月になってしまいました。
2006年4月19日20時過ぎ〜21時30分
30秒露光(2分休止)×30コマ
ニコンD70(ISO800)/標準EDズーム18-70mm(最広角側)
自宅前で撮影
↓色調が黄色っぽく汚いのは、金沢市の街明かりに
加えて黄砂現象のためと思われます。

Dsc_2778
↑偶然にも小松空港発着航空機の軌跡が2本入ったコマ。

B核、27晩〜28日早朝急増光?

2006年04月28日
27日晩〜28日早朝にかけてシュワスマン・ワハマン彗星B核が急に明るく増光したようです。
★いずれも画像をクリックすると別窓に拡大表示します★

73pcbc5e0428tsv
【証拠1】
C核より写りは悪いが、意外と標準レンズでB核が簡単に写った。
73pcb0428wsv
【証拠2】
C核は頭部がしっかりしているのに対し、この日のB核はC核以上に細長い尾があった。
73pcb0428wsvr
★いずれも画像をクリックすると別窓に拡大表示します★

【C核の画像】↓
73pc3n0428svc

本日早朝のシュワスマン・ワハマン彗星B核

2006年04月29日
29日早朝のシュワスマン・ワハマン彗星B核です。
前日の観察で増光していたので気になり、少々大きめの望遠鏡で狙ってみました。

73pc4n0429sv
★いずれも画像をクリックすると別窓に拡大表示します★
期待していたほど尾が成長していないようです。ハッブル望遠鏡ではB核から細かくばらけた多数の核残骸が尾を形成しています。

73pbn0429wrsv
1枚目の画像から反転画像を作成し、合成してみました。
(画面上が北方向です)
2006年4月29日02時40分〜57分(4分露光×4枚)
ニコンD70(ISO1600,RAW)
ボーグED12.5cm屈折+0.85レデューサ(fl=680mm)直焦点
センサー赤道儀+DSIオートガイド
#前日の疲れから、観察準備が遅れ、C核等は諦めました。

久しぶりに持ち出した旧センサー赤道儀

旧式赤道儀ですがオートガイドは全く問題なく、口径12.5cm望遠鏡直焦点撮影にはベストマッチな気がします。
重量があり、手軽さに少々欠けるのが玉に瑕(きず)です。

修正>西空に沈むオリオン(動画風)

2006年04月29日
#m(_ _)m しばらくお待ちください<読み込みに少々時間がかかります。
前回エントリー「西空に沈むオリオン」があまりにも黄砂の影響を受けていたので、色調を補正し直しました..
#今度は青味が強すぎ..実際の空は両者の中間位?
↓西空(医王山)に沈むオリオンを動画風に表示します。



★画像をクリックすると別窓にVGA拡大版を表示します★
2006年4月19日20時過ぎ〜21時30分/30秒露光(2分休止)×30コマ

ニコンD70(ISO800)/標準EDズーム18-70mm(最広角側)/自宅前で撮影

追加詳報>28日早朝SW3彗星の尾

2006年04月30日
B核から淡いながらも1本細長い尾が伸びていました。
(右側にごく淡くG核が写っています)

73pbc4n0428svt_e
★いずれも画像をクリックすると別窓に拡大表示します★
上画像の反転画像(B核から下方へ1本細長く淡い尾が伸びています)

73pbc4n0428svt_er

B核、G核の画像
73pbc4n0428tsv
2006年4月28日2時25分〜42分(3分×4枚コンポジット)
ニコンD70(ISO800,RAW)/ニッコールED180mmF2.8
初代ペンタックス75赤道儀ノータッチガイド/自宅前

五箇山の桜

2006年04月30日
重文・岩瀬家と桜
Iwase_2909sv
★いずれの画像もクリックすると別窓に拡大表示します★
Iwase_2904sv
R156上平小横の桜
Kamit_2908sv
★いずれの画像もクリックすると別窓に拡大表示します★
Chry_2914sv
花びらにもっと近づきたいが..背が届かない(汗)
Chry_2911sv
★いずれの画像もクリックすると別窓に拡大表示します★
Chry_2912sv
★いずれの画像もクリックすると別窓に拡大表示します★
Chry_2919sv
↓満開はとっくに過ぎてますが..
Chry_2918sv
下2枚は市内林道(城端)地内で撮影
作者 : 南砺龍吉

南砺市に生まれ現在に至る。自然環境(美しい星空)に恵まれた南砺市を全国にアピールしたい。
画像の著作権は放棄していません※無断利用、直リンク等禁止※


Monitor check




全ての色が異なって見えればOKです。


※バナーのデザインは一切改変せずご使用願います。

2015 年
4
6
8
9
10
11
12
2014 年
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。