nanto-e.com archive

なんと!−e星空..*・☆

★南砺の地から星空関連やローカル情報を画像紹介します。毎日更新中★

2月の星空

2010年02月01日
2月15日20時頃の南空

3(水)節分、月が土星と接近/4(木)立春/6(土)火星とプレセペ星団が接近、下弦/8(月)金星と海王星が最接近/11(木)建国記念の日/12(金)月と水星が接近/14(日)●新月/15(月)月が金星、木星と接近/17(水)月が天王星と接近、金星が木星と接近/21(日)月とプレアデス星団が接近/22(月)上弦/26(金)月が火星と接近
図は、アストロアーツ社のステラナビゲータV6で作成しました。

雲間のオリオン@自宅

2010年02月02日
寒い季節は高感度・長秒露光時ノイズも目立たない>お気楽撮影に重宝>ペンE-P1
★雲間のオリオン

★星座線入り

もう少しカメラを左にふれば(こいぬ座が入って)冬の大三角となったはず orz
2010年1月30日18時43分
(マニュアル20秒露光)
オリンパスペンE-P1(ISO400,NR-on,RAW)
M.Zuiko_D17mmF2.8絞り開放
カメラ三脚固定@自宅前

昨年同期(鹿林彗星)

2010年02月03日
鹿林彗星の観察から早くも1年経った。
昨年2月1日早朝の観察。
C2007n3_0907apbsx
3時39分〜44分(バルブ5分露光)
C2007n3_0913pbsx
4時10分〜15分(バルブ5分露光)
画像からは、尾が結構伸びているのが分かる。
C2007n3_0907apbwsx
2009年2月1日
(撮影時刻は画像下に記載)
KissDX(ISO800/1600,RAW)
ボーグED10cmF4屈折鏡筒
EM-10赤道儀ノータッチガイド
@郡上市和良町運動公園

@馬籠宿

2010年02月04日
#今回は、昨年暮れに撮影した未公開画像です。
かつて、馬籠宿は長野県山口村だった。そのため、生活上は近くの岐阜県中津川市へ出ればこと足りるのに、行政上の諸手続きには遠く離れた長野県側へ出なければならなかった。
平成の大合併で、ようやく念願かなって岐阜県中津川市となった。
★北斗七星@馬籠

★同、星座線入り

2009年12月26日24時10分頃(マニュアル40秒露光)
オリンパスペンE-P1(ISO800,NR-on,RAW)
M.Zuiko_D17mmF2.8絞り開放

雲間の大犬@馬籠

2010年02月05日
再び始まった降雪で画像更新できないため@馬籠その2
★おおいぬ座

(画面下の山は恵那山?と思われる)
★星座線入り

2010年12月26日23時46分(マニュアル40秒露光)
オリンパスペンE-P1(ISO800,NR-on,RAW)
M.Zuiko_D17mmF2.8絞り開放

カシオペヤ@馬籠

2010年02月06日
寒波が続いている=画像更新の目処立たず..orz
カシオペヤ座が北西の空低い位置に見えていた。

星座線入り

2009年12月26日23時50分頃(マニュアル40秒露光)
オリンパスペンE-P1(ISO800,RAW,NR-on)
M.Zuiko_寒波が続いている=画像更新の目処立たず..orz
D17mmF2.8開放絞り
@岐阜県中津川市

かに座と火星、ふたご座、冬の大三角

2010年02月07日
寒波のため県外脱出強行、美濃市まで南下。
R156を左折し、関市郊外へ。
かに座と火星、ふたご座、冬の大三角@関市郊外

同、星座線入り

2010年2月6日24時〜25時半頃(マニュアル40秒露光)
オリンパスペンE-P1(ISO400,800,RAW,NR-on)
@岐阜県関市志津野

雲間から星見@自宅

2010年02月08日
寒波も今朝までに収まり、久しぶりに晴れた。
とはいっても、雲間からの星見だ。
★冬の大三角@自宅

(全く星が見えないよりはマシ、というレベル)

★同、星座線入り

↓(同じ場所の)早朝のようす↓

【データ】
2010年2月7日22時過ぎ(マニュアル40秒露光)
オリンパスペンE-P1(ISO800,RAW,NR-on)
@自宅
↓雲間からとはいえ、日差しがあったおかげで道路の雪もかなり溶けた。
★北天(北極星付近)

★同、星座線入り

★同場所の本日早朝の様子

#それにしても、お日様(太陽)の力は偉大だなぁと思う。

西天のふたご座、ぎょしゃ座

2010年02月09日
どちらも東に上るときは横向きの状態だが、西に沈むときは立った姿勢で足元から見えなくなっていく。
★西天のふたご座とぎょしゃ座

★同、星座線入り

2010年2月6日25時22分頃(マニュアル40秒露光)
オリンパスペンE-P1(ISO800,RAW,NR-on)
M.Zuiko_D17mmF2.8絞り開放
@岐阜県関市志津野

うしかい座、かんむり座

2010年02月10日
東空にこの星座が現れると、いよいよ春本番。
★牛飼い座、かんむり座

★同、星座線入り

2010年2月6日25時28分頃(マニュアル40秒露光)
オリンパスペンE-P1(ISO800,RAW,NR-on)
M.Zuiko_D17mmF2.8開放絞り
@岐阜県関市志津野

@穴水

2010年02月11日
祝日前の晩だが残念ながら全国的に天候不良。
ネットで調べると、東海方面ではなく能登方面から回復するようだ。
今回は、この時期にしては異例の北上となった。
現地に着くと確かに雨雪は収まったが、鉛色の雲が空を覆ったままだった。
★穴水の海岸から南(能登島)方向
noto_020404bsx
noto_020404bsx posted by (C)龍吉
同、南西(七尾)方向
noto_020052bux
noto_020052bux posted by (C)龍吉
2010年2月11日午前2時頃(マニュアル40秒露光)
オリンパスペンE-P1(ISO800,NR-on,RAW)
Zuiko_D14-42mm広角端F3.5開放絞り
@石川県鳳珠郡穴水町

西天のぎょしゃ、ペルセウス

2010年02月12日
結局11日も冬の天候のまま一日が過ぎた。
先ほど外へ出たら新たに20cmほどの降雪 orz
★西天のぎょしゃ座、ペルセウス座

★同、星座線入り
gyoper_013207bsxt
gyoper_013207bsxt posted by (C)龍吉
(ぎょしゃ座の一部が写野外になってしまった)
ペルセウスの左端にはプレヤデスが続くが、これも左の山陰に沈んでしまっていた。
2010年2月6日25時32分頃
(マニュアル40秒露光)
オリンパスペンE-P1(ISO800,RAW,NR-on)
M.Zuiko_D17mmF2.8開放絞り
@岐阜県関市志津野

@郡上市大和町大間見

2010年02月13日
月のない週末だが、天気が芳しくない。
ネットで調べると岐阜方面は良さそうだ。
ということで標記の地へ県外脱出。

北方向

星座線入り

肉眼では北極星が見えない=追尾撮影は諦めた。
乙女座、カラス座付近

星座線入り

雲間からの星見となったが、坊主にならずに済んだ。
2010年2月12日25時頃(30秒露光)
EOS20D(ISO1600,RAW)/SIGMA17-70mm広角端F2.8開放絞り
@岐阜県郡上市大和町大間見

そば祭り@利賀村

2010年02月14日
所用で市内利賀村地域(旧東砺波郡利賀村)の「そば祭り」に出かけてきた。
メインはもちろん「そば」なのだが..
↓これも↓とても美しい。

今回は、星空も拝むことができた。

県内で利賀村の星空に勝る所はそうそう無かろう。

この時期、利賀村で澄み切った星空に出会うとは予想していなかったので、カメラと三脚しか持って行かなかった。残念。
#自家用車で出かけていれば..
(利賀村での様子は後日掲載します)

ぎょしゃ座、ペルセウス座@利賀村

2010年02月15日
@利賀村(その2)
利賀村は、県内では人家がある地域の中で一番標高の高い場所だという。
とはいえ、海抜は約600〜700mなので、お隣の長野県や岐阜県などの人たちからは笑われてしまいそうだ。
しかし、都会地から離れている上に周囲は山で囲まれているため、晴れれば見事な星空が拝める。
(↓画像はISO感度1600,30秒露光で撮ったもの)
★ぎょしゃ座、ペルセウス座

★同、星座線入り

2010年2月13日21時30分過ぎ〜22時頃
(マニュアル30秒露光)
EOS20D(ISO1600,RAW)
SIGMA17-70mm広角端F2.8開放絞り
@市内利賀村百瀬地区
↓画像手前は、この日(13日)会場で結婚式を挙げた新郎・新婦。

花火といえば夏の定番、と思いがちだが、この時期の花火もなかなかよいものだ。

「○○花火大会」というほど大規模な花火ではないのがよいと思う。空高くを見上げる必要はなく、ちょうど都合の良い高さで花火を見ることができる。
2010年2月13日19時〜19時30分頃
(マニュアル1秒露光)
EOS20D(ISO400,RAW)
SIGMA17-70mm広角端F2.8開放絞り
@利賀そば祭り会場

花火@利賀そば祭り

2010年02月16日
利賀の星空シリーズとは切り離し、別個に掲載Upします。
【その1】

【その2】

2010年2月13日19時〜19時半頃(マニュアル1秒露光)
EOS20D(ISO400,RAW)/SIGMA17-70mm広角端F2.8開放絞り
@市内利賀村そば祭り会場

冬の大三角@利賀

2010年02月16日
@利賀村その3
オリオンを含む冬の大三角が南中を過ぎたところだった。
★冬の大三角

★同、星座線入り

2010年2月13日21時30分過ぎ〜22時頃(30秒露光)
EOS20D(ISO1600,RAW)/SIGMA17-70mm広角端F2.8開放絞り
@市内利賀村百瀬

北極星、北斗七星@利賀

2010年02月17日
晴れれば県内屈指の星見スポットに挙げてもよい利賀村。しかし、実際に利賀へ星見に出かける機会は意外と少ない。
★北極星、北斗七星

★同、星座線入り

利賀村へ出かける機会が少ない理由は、同村の新スキー場が営業休止している理由とほぼ同じ。
・隣接する飛騨市などへ抜けるルートが通行止めのままであること。(結局、来た道を戻るしかない)
・県内から利賀村へ至る3ルートはいずれも1時間ほどかかる。(1時間もあれば高速で県外へ抜けられる)
*つまり、1時間かけて利賀村へ来ても、天気が悪ければまた1時間かけて戻るしかない。
(現在、新ルートの工事中で期待している)
2010年2月13日21時30分過ぎ〜22時頃
(マニュアル40秒露光)
EOS20D(ISO1600,RAW)
SIGMA17-70mm広角端F2.8開放絞り
@市内利賀村百瀬

花火@利賀そば祭り(その2)

2010年02月17日
花火@利賀そば祭り(その2)

同-2

2010年2月13日19時〜19時30分頃
(マニュアル1秒露光)
EOS20D(ISO400,RAW)/SIGMA17mm広角端F2.8開放絞り
@利賀そば祭り会場

ふたご〜おおいぬ@利賀

2010年02月18日
冬の星空@利賀その5
★ふたご〜おおいぬ

おおいぬの足を入れようとしたら、ふたご座が切れてしまった。orz
★同、星座線入り

2010年2月13日21時30分過ぎ〜22時頃
(マニュアル40秒露光)
EOS20D(ISO1600,RAW)
SIGMA17-70mm広角端F2.8開放絞り
@市内利賀村百瀬

花火@利賀そば祭り会場その3

2010年02月18日
★利賀の花火その3

★同-2

2月13日19時〜19時30分頃
(マニュアル1分露光)
EOS20D(ISO400,RAW)
SIGMA17-70mm広角端F2.8開放絞り
@利賀そば祭り会場

オリオン、おうし@利賀

2010年02月19日
星空@利賀その6
★オリオン、おうし

★同、星座線入り

2010年2月13日21時30分〜22時頃(マニュアル40秒露光)
EOS20D(ISO1600,RAW)/SIGMA17-70mm広角端F2.8開放絞り
@市内利賀村百瀬

花火@利賀そば祭り(その4)

2010年02月19日
★花火@利賀そば祭り

★同-2

2010年2月13日19時〜19時30分頃(マニュアル1秒露光)
EOS20D(ISO400,RAW)/SIGMA17-70mm広角端F2.8開放絞り

北斗@郡上市美山

2010年02月20日
相変わらず天気が悪い週末>県外脱出をしたが..
郡上市郊外まで南下したが、ここでも雪雲が邪魔した。

写っているのは、火星とふたご座α、β星
★北斗七星

★同、星座線入り

2010年2月20日02時過ぎ
1枚目:オリンパスE-P1(ISO800,RAW,NR-on)
マニュアル1分露光
Zuiko_D14-42mm広角端F3.5開放絞り
2,3枚目:EOS40D(Seo-SP2,ISO800,RAW)
バルブ5分露光
SIGMA17-70mm広角端F2.8開放絞り
@郡上市美山

かに〜おおいぬ@利賀村

2010年02月21日
冬の星座@利賀村
先日掲載した画像は、ふたご座が写野内に収まっていなかったので別画像を探して見つけた。
★かに座(火星)〜ふたご、こいぬ、オリオン、おおいぬ

★同、星座線入り

2010年2月13日21時30分〜22時頃(マニュアル30秒露光)
EOS20D(ISO1600,RAW)/SIGMA17-70mm広角端F2.8開放絞り
@市内利賀村百瀬

@石川県鳳珠郡能登町

2010年02月22日
久しぶりの晴夜、自宅でもよかったのだが県外へ脱出してきた。
移動地は、何と、この時期に珍しく奥能登。
★東方向

★同、星座線入り

帰路、穴水町の海岸沿いで仮眠

同2

2010年2月22日午前2時〜4時(バルブ3分露光)
オリンパスE-410(ISO800,RAW)/PELENG8mmF3.5→F4
タカハシTG-SD赤道儀ノータッチガイド
@石川県鳳珠郡能登町七見

星空@鳳珠郡能登町

2010年02月23日
奥能登の星空その2
概ね快晴だったが、時折雲が通過した。
★乙女座、土星、カラス座

★同、星座線入り

2010年2月22日午前2時〜4時
(バルブ5分露光)
EOS40D(SEO-SP2/ISO800,RAW)
SIGMA17-70mm広角端、F2.8開放絞り
高橋EM-10赤道儀ノータッチガイド
@石川県能登町七見

北斗@奥能登

2010年02月24日
当日(21日晩)は月明かりがあったので遅く出発し、日付が変わる頃、撮影地に到着。
到着時は、まだ月が西空低く残っていた。
北斗七星もまだ縦に立った状態だったが、撮影する頃にはすっかり空高くなっていた。
★北斗七星〜北極星

★同、星座線入り

2010年2月22日02時〜04時
(バルブ5分露光)
EOS40D(SEO-SP2/ISO800,RAW)
SIGMA17-70mm広角端F2.8開放絞り
高橋EM-10赤道儀ノータッチガイド
@石川県鳳珠郡能登町七見

北斗〜さそり@奥能登

2010年02月25日
奥能登の星空その3
★北斗七星〜さそり座

★同、星座線入り

(新星が発見された)さそり座が昇り始めている。
2010年2月22日02時〜04時
(バルブ5分露光)
オリンパスE-410(ISO800,RAW)
PELENG8mmF3.5→F4
タカハシTG-SD改ノータッチガイド
@石川県能登町七見

春の大曲線ほか@奥能登

2010年02月26日
星空@奥能登その4
★春の大曲線

★同、星座線入り

北斗(ひしゃく)の柄のカーブに沿って南東方向に視線を伸ばしていくと、うしかいざα星アークトゥルス→おとめ座α星スピカへとたどり着く。
(↑これを『春の大曲線』と言う)
※構図の失敗で、北斗七星の柄杓部分がケラレている。orz
(カメラを上に向けるべきだった)
★上り始めた「夏の大三角」

1分程度の露光だが、淡く夏の天の川が写っているようだ。
(肉眼でも微かに天の川は確認できた)
★同、星座線入り

画面左下の明かりは、宇出津方面の街灯(撮影ポイントから約7〜8km)
さらに奥へ進むと、能登半島先端のまち珠洲市。
2010年2月22日02時〜04時頃(1分,3分露光)
E-410(ISO800,RAW)/PELENG8mmF3.5→F4
タカハシTG-SD改ノータッチ/カメラ三脚固定
@石川県鳳珠郡能登町七見

差し替え>春の大曲線@奥能登

2010年02月27日
前回掲載した「春の大曲線」は、出だしの北斗七星の一部しか写野に入っていなかった。
確か、撮影時に撮り直した筈?と探し出したのが↓コレ
★春の大曲線

★星座線入り

実は、魚眼レンズが曇り始め、明るい星からいびつな光条が発生していたので躊躇していた。
さそり座の上半分が姿を見せているが、隣のいて座はまだ判然としない。
2010年2月22日02時〜04時頃
(バルブ4分露光)
オリンパスE-410(ISO800,RAW)
PELENG8mmF3.5→F4
タカハシTG-SD改ノータッチガイド
@石川県鳳珠郡能登町七見

暁東天は初夏の星@奥能登

2010年02月28日
@奥能登-5
この撮影地(能登町七見)は七尾湾側なので東側の視界は良好だが、西側は小高くなっていて視界は今ひとつ宜しくない。
前回と同じく東方向(海岸側)を横構図で撮影した画像。
★うしかい、かんむり、ヘラクレス、こと、ほか

★同、星座線入り

撮影中、(画面左下の)宇出津港から数隻の漁船が出漁。
画面には写ってないが、野太いディーゼル音を響かせて沖合へ出ていった。
2010年2月22日02時〜04時頃
(バルブ3分露光)
オリンパスE-410(ISO800,RAW)
PELENG8mmF3.5→F4
タカハシTG-SD改ノータッチガイド
@石川県鳳珠郡能登町七見
作者 : 南砺龍吉

南砺市に生まれ現在に至る。自然環境(美しい星空)に恵まれた南砺市を全国にアピールしたい。
画像の著作権は放棄していません※無断利用、直リンク等禁止※


Monitor check




全ての色が異なって見えればOKです。


※バナーのデザインは一切改変せずご使用願います。

2015 年
4
6
8
9
10
11
12
2014 年
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。