nanto-e.com archive

なんと!−e星空..*・☆

★南砺の地から星空関連やローカル情報を画像紹介します。毎日更新中★

捉えた!>マックノート彗星C2009K5@中能登町

2010年06月01日
やっと、この彗星を捉えることができた。※
※今月下旬に肉眼等級?と期待されているマックノート彗星C2009R1とは別モノです※
自宅周辺も晴れてはいたが雲が多いため職場から県北西端(氷見市)へ直行。雲が殆ど無く快晴だった。
★EOS40D+ED10cmF4屈折直焦点
(中央部拡大トリミング)

彗星に短い尾があることが分かる。
(画面右上が北極星方向)
同彗星の眼視確認はできなかった。
(5cm×7ファインダーでは分からず)
★同2(少しだけトリミング)

場所は、北極星からおおぐま座の頭部方向へ1/3程度ずれた辺り。
北極星に近いので一晩中観察可能だが、今回のように夕方暗くなって月が昇り始める前を狙った方がよいと思う。
★E-410+琢磨135mm望遠レンズ※

※135換算で270mm相当(ノートリミング)
2010年5月31日21時36分〜22時04分
上2枚:EOS40D(SEO-SP2/ISO800,RAW)
バルブ3分露光2枚、5分露光4枚、計6枚メトカーフコンポジット
ボーグED10cmF4屈折直焦点(fl=400mm)
下:E-410(ISO800,RAW)
バルブ3分露光×7枚メトカーフコンポジット
Takumar135mmF3.5→F4
GM-8赤道儀ノータッチガイド
@石川県中能登町(荒山峠付近)
次はいよいよ本命C2009R1の方だ。
(明け方東天のアンドロメダ座)Twitter

6月の星空

2010年06月02日
【6月の星空】
6月の星空
1日:ケレスがM8干潟星雲通過/7日:火星、レグルス大接近/9日:木星、天王星大接近/20日:金星、プレセペ星団大接近/下旬:マックノート彗星(明け方)/26日:部分月食
6月15日20時30分頃の南空(初旬は21時半頃、月末は19時半頃)
星図は株式会社アストロアーツの「ステラナビゲータV6」を使用しました。

わし座付近by*istDS

2010年06月03日
晴天が続いている。自宅周辺もよく晴れており、K5の連続観察ができそうと甘い期待をしたが、結果的には失敗に終わった。
望遠鏡を組み立て、いざ撮影というところで雲の来襲。北極星さえ見えなくなった。
↓わし座付近(4月24日撮影)

原板では少しピンぼけ orz
星座線入り

2010年4月24日2時27分〜34分(バルブ7分露光)
ペンタックス*istDS2(ISO800,RAW,NR-on)/DA21mmALF3.2→F3.5
高橋P型赤道儀ノータッチ@岐阜県郡上市、高鷲スノーパークTwitter

6/3のC/2009K5マックノート彗星

2010年06月04日
今週はずっと晴天が続いている。しかし、職場を出るのが連日遅れ、帰宅後に観察する気力が出なかった。出た頃には雲に阻まれる日もあった。
昨夜も帰宅が遅れたが、雲が無いので何とか観察はできた。
彗星部分等倍トリミング↓(1枚画像)


実は、詳細位置を未だ持ち合わせてないため、相変わらず導入に手こずっている。orz
試写探索用2分露光原板で、無理やりその気になって見ると尾があるようだ。
ほぼ↓ノートリミング↓

この画像では拙いと思い、写野中央に彗星をもってこようと試行錯誤したら、あっさり返り討ち(写野外)に遭う。
赤道儀の欠点?として、北極星近くの天体捕捉が苦手なのです。
(おまけ)もっと悲惨な1回目の捕捉画像↓

このときの写野全体像↓

2010年6月3日23時13分〜15分、19分〜21分
キスデジX(ISO800,RAW)/ボーグED10cmF4屈折直焦点
GM-8赤道儀ノータッチ@自宅前Twitter

6/4晩のC/2009K5マックノート彗星@高鷲

2010年06月05日
今週は晴れの日が続いた。ただ、夕方〜夜間にかけて雲が多く、明け方その雲が消滅するという傾向にあるようだ。昨夜の自宅周辺もそのパターン。
今宵は未だ未確認のR1の方を本命としたいので、どうするか?21時過ぎまで迷った。
結局、雲の多さに県外脱出決行。22時半過ぎ現地着。
今回も彗星位置の詳細データは持参しなかった。そして、135mmレンズを主砲と平行に載せ、デジカメでファインダーの代用とした。
(今後は、この方法↑で天体導入を図ろうと思う)
遅い時間に着いたため、彗星は北極星のかなり下へ低くなって、まさに下方通過状態。
さらには、途中から東天に下弦の月が昇り始めたが(銀河がはっきり見えていたから)撮影続行。
★彗星部分等倍トリミング

良い条件とは言えなかったが、彗星の尾が写った。Twitter
★上下のみトリミング

2010年6月4日23時46分〜24時42分
(バルブ3分露光×12枚メトカーフコンポジット)
EOS40D(SEO-SP2/ISO800,RAW)
ボーグED10cmF4屈折直焦点(fl=400mm)
GM-8赤道儀ノータッチガイド
@岐阜県郡上市、高鷲スノーパーク

(#で、肝心のR1の方は?>自宅に居れば観られたかも?)

やっと目撃>C/2009R1マックノート彗星@奥能登

2010年06月06日
今月末、肉眼彗星になるかも知れないと話題のマックノート彗星(C/2009R1)をやっと観ることができた。
先月から気になっていたのだが、(仕事と)天候に阻まれて観る機会を失っていた。
今回は思い切って奥能登まで北上したことが功を奏した。
(もう一つのマックノートC/2009K5も観ることができた=後日掲載予定)
先ずは、★強トリミング画像
(以下いずれも画面上が北極星方向)

下弦過ぎの月明かりと強い湿気(夜露)が邪魔をしたが、西方向に(立派な?)尾が伸びている。
★上画像を白黒反転処理したもの

★中程度トリミング画像

高橋の小さなファインダーでも存在が分かる。
#かなり明るくなっているのではないか?
★上画像を白黒反転処理したもの

10×50アスコット双眼鏡では、ぼやけて見えるので簡単に彗星と判別できる。
★ほぼ全景サイズ(上下トリミング)

★上画像を白黒反転処理したもの

同じマックノート彗星とはいえ、C/2009K5の方は未だ眼視観察できていない。(大口径望遠鏡でないと無理っぽい)
ところが、R1の方は一発で見つけることができた。
(主砲のEOS40Dカメラのファインダーでも存在が分かる)
いやはや、これは楽しみだ。梅雨入りが遅れてくれると有り難い。
2010年6月6日2時26分〜54分
(バルブ3分露光×8枚メトカーフコンポジット)
EOS40D(SEO-SP2/ISO400,RAW)
ボーグED10cmF4屈折直焦点
ロスマンディGM-8赤道儀+6cm屈折(STV)オートガイド@石川県鳳珠郡能登町
(柳田植物公園=「満天星」駐車場)Twitter

C/2009R1マックノート彗星by琢磨135mm

2010年06月07日
ファインダー代用として使った琢磨135mm(E-410)が捉えた同彗星
★強拡大トリミング

★中程度トリミング

彗星の尾が伸びているのが望遠レンズでも分かる。
★白黒反転画像

★上下のみトリミング

オリンパスE-410(ISO400,RAW)
Takumar135mmF3.5→F4
他データは前回と同じ
Twitter

三脚固定撮影でも写った?>C/2009R1

2010年06月08日
肉眼彗星直前と言えそう>C/2009R1マックノート彗星
彗星の軌跡?は、望遠鏡ファインダーの左下辺り

画像をクリック=拡大表示しないと判別できません。
#望遠鏡が向いている方向ですが..
星座線入り(彗星は赤マーカー部)

2010年6月6日2時10分〜16分
(マニュアル30秒露光×12枚比較明)
オリンパスペンE-P1(ISO400,JPG)
Zuiko_D14-42mmF3.5広角端Twitter

もう一つのマックノートK5

2010年06月09日
#Macintosh note PCの話ではありません(笑)
同じ6月6日早朝のC/2009K5マックノート彗星@奥能登
★等倍トリミング

尾が伸びているが、低空で透明度悪く、淡い。
★中程度拡大トリミング

★上下のみトリミング

いずれも、画面上が北極星方向
2010年6月5日24時50分〜25時12分
(3分露光×6枚メトカーフコンポジット)
キャノンEOS40D(SEO-SP2/ISO800,RAW)
ボーグED10cmF4屈折直焦点
ロスマンディGM-8赤道儀ノータッチガイド
@石川県鳳珠郡能登町、「満天星」駐車場Twitter

火星、レグルス接近

2010年06月10日
最接近日は雨天で観ること叶わず。
昨夕、ようやく捉えることが出来た。

左が火星、右がレグルス。
同、星座線入り(左の輝星は土星)

2010年6月9日20時半〜21時
30秒露光×12枚比較明コンポジットで合成
オリンパスペンE-P1(ISO400,JPG)
Zuiko_D14-42mmF3.5広角端@自宅前
【追記】
これをアップした後、マックノートR1を観に外へ出たら、皆曇状態。>明け方に再び晴れる感じがあり躊躇したが、平日晩故そのまま爆睡。
朝、目を覚ましたら快晴だった(がーん)Twitter

ホタル@西大谷川

2010年06月11日
ホタルが気になる時期となった。
帰路、市内沖地区のポイントへ寄ってみた。

春からの低温傾向と梅雨入りの遅れからか?定かでないが、未だ数は少ない。
2010年6月10日21時頃
(30秒露光×30数枚比較明合成)
オリンパスペンE-P1(ISO400,JPG)
Zuiko_D14-42mmF3.5広角端
@市内沖地区(西大谷川)
昨年同期に撮影したホタル画像

出現のピークがちょっと遅れているような気がする。Twitter

宵の明星@医王上空

2010年06月12日
連続して晴れたが空に透明感が無い。
昨夜遅く高鷲へ脱出したが、天頂付近は見事な天の川が見えるのに周囲は暗黒雨雲に覆われ、結局機材出せず終い。C/2009R1マックノート彗星どころでなかった。
同彗星は光度も増していると思われるが、夏至間近の東天で薄明が早いため、観察可能時間が短くなる一方だ。orz
★宵の明星(9日)

金星の右にある2つの星は、カストルとポルックス(ふたご座)
2010年6月9日20時4分〜35分
(30秒露光×26枚比較明)
オリンパスペンE-P1(ISO400,JPG)
Zuiko_D14-42mmF3.5広角端
@自宅前(瑞穂の国ニッポン)Twitter

暗い?>C/2009R1マックノート彗星@奥能登

2010年06月13日
本日、新潟気象台は北陸地方の梅雨入り宣言を出した。
昨夜は、梅雨前の最後の悪あがき?で、晴天求めて北上し、奥能登まで来てようやく星空に出会えた。
期待していたC/2009R1マックノート彗星は、(薄雲に阻まれたとはいえ)先週ほどの明るさと迫力が無い?ように思われた。
13日早朝、ペルセウス座の中に居るC/2009R1(赤マーカー部)

正方形トリミング

標準レンズでやっと位置が分かる程度に終わった。
10cmF4屈折画像の方は、位置修正している内に雲に埋没してしまい、撮影出来なかった。orz
確かに透明度は悪かったが、先週の方がはるかに簡単に見つけられた。
逆に言えば、先週は急増光していたのかも知れない。
2010年6月13日02時半頃〜03時過ぎ(バルブ3分露光)
オリンパスE-410(ISO800,RAW)
Takumar28mmF3.5→F4
GM-8赤道儀ノータッチガイド
@石川県鳳珠郡能登町、柳田植物公園付近Twitter

はくちょう座尾部

2010年06月14日
R1が見え始めるのを待ちながら撮影
それにしても、偽色、ピクセルノイズがやたら目立つ>E-410

星座線入り

2010年6月13日1時半〜2時過ぎ
(バルブ3分〜5分)
オリンパスE-410(ISO800,RAW)
Zuiko_D14-42mmF3.5広角端
GM-8赤道儀ノータッチガイド
@石川県鳳珠郡能登町、柳田植物公園Twitter

北米星雲、ペリカン星雲@奥能登

2010年06月15日
前回(5/17@高鷲)、構図失敗での仕切り直しをほぼ1ヶ月後の奥能登で試みたが..

梅雨入り直前の大気に透明感が無く、強処理で補おうとしたらこの始末。
(自己流処理がまだまだ稚拙)
2010年6月13日1時12分〜58分
(バルブ5分露光×2枚、7分×4枚)
EOS40D(SEO-SP2/ISO1600,800,RAW)
ボーグED10cmF4屈折直焦点
ロスマンディGM-8赤道儀+6cm屈折(STV)
オートガイド@石川県鳳至郡能登町、柳田植物公園付近
#FIFA南ア大会、カメルーンに勝てたね!祝>岡田ジャパンTwitter

夜景@高鷲

2010年06月16日
とうとう梅雨空となった。
天体画像更新もおぼつかなくなった。orz
星夜から見放される日が続くと、つい物欲に走りそうになる。冬の天候も最悪なので、この時期も物欲との戦いということになる。
(昨夜は、ヤフオク出品物に思わずポチりそうになった)
物欲を抑えるには、自宅から脱出するのが効果的だ。
(=インターネットもできなくなる)
その脱出先として、一番頻度が高いのが標題の地である。
#やれやれ、やっと↓画像と結びつけることができた。
ひるがの高原、高山方面@高鷲スノーパーク

ひるがの高原での星空(昨年4月撮影)
Ten_47edx0627bux
高鷲の空は大変暗く、この時期にしてはよく澄み切っている。しかし、地平線付近は街明かりが邪魔する。
東海北陸道ひるがのSA付近

(自宅から高速利用で来るときは、ここのスマートICを出入りしている)
標高1000mの星空は透明感がある。

自宅から比較的近い星見ポイントで重宝している。Twitter

月と金星、ホタル

2010年06月17日
昨夜観たものは、これ↑だけ。
午後から雨がやみ、夕暮れ時に月と金星が拝めた。

暗くなって、ホタルと星を狙ったが、雲に阻まれる。

2010年6月16日20時〜21時
オリンパスペンE-P1(ISO400,JPG)
Zuiko_D14-42mmF3.5広角端
@市内沖地区Twitter

月光下のホタル

2010年06月18日
昨日よりも退勤時間が遅れたが、いつものホタルポイントへ寄り道。
↓低空ほど(雲)減光が大きくなり、月明かりが小さく見えなくなる↓

ホタルの数は今ひとつ昨年よりも少ないような気もする。

或いは、河川の環境がホタルに合わなかったのかも知れない。

または、春から寒い日が多かったため?かも知れない。

ピークかどうかは判然としない。
もうしばらくこのポイントに通ってみようと思う。

少なくとも、もうしばらくはホタルが観られそうである。Twitter

医王に沈む宵の明星(動画GIF)

2010年06月19日
12日掲載した「宵の明星@医王山上空」画像を動画GIF化してみた。

(画像をクリックすると別窓にSVGA表示します)
#掲載画像欠乏対策です orzTwitter

西天、医王山上空の金星(動画GIF)

2010年06月20日
【FIFA南ア大会、5時21分】試合終了
●カメルーン1vs2デンマーク○
このデンマークに勝たないとアウト>がんばれ!岡田Japan
(↓未だ青空が残る時間帯の画像群から合成↓)

(画像クリックで別窓拡大表示します)
これらの画像を元に比較明で作った合成画像(公開済)

金星の右にある2つの星は、カストルとポルックス(ふたご座)
2010年6月9日20時4分〜35分
(30秒露光×26枚比較明)
オリンパスペンE-P1(ISO400,JPG)
Zuiko_D14-42mmF3.5広角端 Twitter

西天、医王に沈む冬の星(動画GIF)

2010年06月21日
星見出来ない日が続くと、つい物欲に走りそうになる。(毎年、梅雨期と冬季が危ない)
冬は、(東海北陸道全通のおかげで)隣県郡上市辺りへ脱出することで回避できるようになった。
ところが、この梅雨の時期はそうもいかない。岐阜県側は却って雨が降っていることがある。
梅雨期は、能登や新潟方面に逃げた方が晴れのことがある。不発に終わることもある)
先週末は気になるヤフオク出品物があった。<これを救ったのは、FIFA日本vsオランダ戦。
気づいた時には別の人が落札し終了してしまっていた。(苦笑)
惜しいというか悔しい気もしたが、冷静になってみれば異例の出費になるところだった。
世は、林檎社i-Padが話題をさらってるようだが、数年前、通話エリアの狭さからJ-Phoneからauに乗り替えたので、今更戻れない。(自宅無線LANによるi-Pod Touchで我慢する)
===以上、長い前置き。ここから本題===
先月5月1日夕方の魚眼西天動画GIF像です。
ぎょしゃ、ふたご、こいぬ座などの冬の星が医王山に沈んでいく。

#オリジナルJPEG像のまま合成したため、画像の色合いが悪いです。
これらの画像から比較明合成したスチル画像(公開済)

2010年5月1日22時頃
(30秒露光×26枚比較明合成)
オリンパスペンE-P1
(ISO640,JPG,NR-off)
PELENG8mmFishEyeF3.5
@自宅前Twitter

夏至の日の月とスピカ

2010年06月22日
21日は夏至。午前中は雨が降る天候だったが、午後からは晴れ。
帰宅時に上弦を過ぎた月が南空に、西空には金星が見えた。
ブログ記事用の天体画像欠乏に陥っているので、とにかく天体の写った画像が欲しい。
ということで、望遠鏡を出そうとしたら、雲が邪魔をする。orz
この天候では、望遠鏡を出せないが、望遠レンズなら出せる。
ということで、E-P1に旧琢磨135mmを取り付け、カメラ三脚に載せて月を撮影してみた。
解像度や集光力では望遠鏡に負けてしまうが、中程度の望遠レンズなら出しやすいし、どの程度の解像力なのか?興味もあった。
片付けも比較的短時間で済ませられる。
ということで、今回は望遠レンズで撮ってみた。
★月齢9(by Takumar135mm)左右のみトリミング

★同、中程度に月面部を拡大トリミング

(大きなクレーターが写っている)
★月とスピカ(by Takumar28mm)全景

(月右上の輝星がおとめ座αスピカ)
★同、(by Takumar135mm)

(かろうじて月とスピカが写野端に入った)
結局、透明度も良くないままなので、望遠鏡は出さず終いで終わった。
2010年6月21日20時半頃(マニュアル1/100秒〜4秒露光)
オリンパスペンE-P1(ISO100〜400,JPG)/旧琢磨135mmF3.5開放絞り
カメラ三脚固定@自宅前
(大きなクレーターが写っている)Twitter

ホタルと金星

2010年06月23日
帰宅が遅れた=辺りが暗い=ホタル、ということで寄り道。

雲越しにかろうじて金星が見えた。
(画面中央上の軌跡)
比較明合成に使った画像28枚から動画GIFを作成してみた↓

2010年6月22日20時30分頃〜21時頃
マニュアル30秒×28枚比較明コンポジット
オリンパスペンE-P1(ISO400,JPG)
Zuiko_D14-42mmF3.5開放
@市内沖地区、南空の月は暈をかぶっていた。Twitter

医王に沈む金星(動画GIF)

2010年06月24日
梅雨の時期にしては珍しいほど澄み切った天気となった。金星が沈むまでの約1時間を動画GIFにしてみた。

(画像をクリックで別窓にSVGAサイズ表示します)
#山の尾根伝いにうろうろしている雲の動きがおもしろい。
※約1時間(3600秒)の動きを約45秒間で表示するので、約3600÷45=約80倍速表示となる。
2010年6月23日20時〜21時
(マニュアル8〜30秒×89枚)
オリンパスペンE-P1(ISO100〜200,JPG)
Zuiko_D14-42mm広角端、絞りF3.5開放Twitter

魚眼北天動画GIF

2010年06月25日
◎祝!決勝T進出>岡田ジャパン \^^/
====================================
昨夜に続き、(雲は多くなったが)晴れていた。
満月近い月を背中に北天の星空を撮影>動画GIF化。

2010年6月24日23時〜24時過ぎ
(マニュアル30秒×49枚)
オリンパスE-410(ISO400,JPG)
PELENG8mmFishEyeF3.5開放
今回はE-410(PELENG8mmFishEye)で撮影した。Twitter

今宵は月食>雨雲でボツ orz

2010年06月26日
今宵は月食。が、梅雨の雨雲がすっぽり上空を覆っていて観察不可。
----------------------------------
2000年7月16日〜17日の皆既月食です。
↓動画GIF画像↓

--------------------------------
それにしても、天候が恨めしい。

北天日周運動

2010年06月26日
前記事掲載画像データを比較明コンポジットしたもの。

星座線入り

2010年23時半〜24時過ぎ
マニュアル30秒露光×49枚比較明合成
オリンパスE-410(ISO400,RAW)/PELENG8mmFishEyeF3.5Twitter

医王に沈む宵の明星

2010年06月27日
24日公開した動画GIFに使った89枚で比較明コンポジットしたもの(本来、こちらが主目的です)

(画像をクリックすると別窓にSXGAサイズで表示します)
左上端の軌跡は火星、中央の明るい軌跡が金星、火星と金星の間にしし座αレグルスの軌跡が写っている。
(+画面左下隅の小屋付近にホタルの軌跡が微かに見えるのだが..)
※再掲24日の動画GIF

2010年6月23日20時〜21時
(マニュアル8〜30秒×89枚)
オリンパスペンE-P1(ISO100〜200,JPG)
Zuiko_D14-42mm広角端、絞りF3.5開放Twitter

北斗日周運動

2010年06月28日
ペンE-P1では無くキスデジXで撮影し、合成・動画GIF化してみた。

E-P1ほど派手な青でないが、ノイズは少ない。
多数枚比較明コンポジット画像

星座線入り

2010年6月24日22時23時〜23時半頃(30秒×31枚)
EOS KissDigitalX(ISO400,JPG)
SIGMA17-70mm広角端、F2.8開放絞りTwitter

今更ですが..^^;

2010年06月29日
5月上旬の「荘川桜と北斗のコラボ」を動画GIF化してみた。

同じ画像データ群から比較明合成した静止画像(公開済)

#梅雨真っ直中で画像追加更新できないため、最近の未公開画像を物色中。orzTwitter

残念!侍ジャパン★「7月の星空」

2010年06月30日
●残念!8強ならず●
(零零のまま延長戦も決着付かずPK戦で涙)
◎よく健闘し、国民に元気を与えてくれた>岡田ジャパン
==========================
7月15日20時30分頃の南空

10日:金星、レグルス大接近/12日:皆既日食(南太平洋)/28日:みずがめ座δ南流星群極大/31日:3惑星(火星、土星、金星)西空に集結
※画像は、(株)アストロアーツ社のステラナビV6で作成※Twitter
おまけ「かんむり座、ヘラクレス座」

星座線入り

EOS40D(SEO-SP2/ISO800,RAW)
SIGMA17-70mm広角端F2.8
タカハシTG-SD改ノータッチ
@岐阜県高山市荘川町
作者 : 南砺龍吉

南砺市に生まれ現在に至る。自然環境(美しい星空)に恵まれた南砺市を全国にアピールしたい。
画像の著作権は放棄していません※無断利用、直リンク等禁止※


Monitor check




全ての色が異なって見えればOKです。


※バナーのデザインは一切改変せずご使用願います。

2015 年
4
6
8
9
10
11
12
2014 年
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。