nanto-e.com archive

なんと!−e星空..*・☆

★南砺の地から星空関連やローカル情報を画像紹介します。毎日更新中★

(実写版)3月の星空案内

2011年03月01日
(先月に引き続き)実写版による3月の星空案内です。3月15日なら多分24時頃の北東天(↓対角魚眼で撮影)

1日:月、金星に接近/7日:月、木星に接近/11日:月、プレアデスに接近/23日:水星東方最大離角
***この情報は、(株)アストロアーツ社の「星空案内」を参考にしました***
【おまけ】上画像の星座線無しの画像

2011年2月27日02時頃
(2分露光×4枚加算平均)
ニコンD700(ISO1600,RAW)
Zenitar16mmF2.8FishEye→F4
タカハシTG-SD改ノータッチ@岐阜県郡上市高鷲町鷲見Twitter

M101回転花火銀河

2011年03月02日
系外星雲@郡上市大和町、その3
この渦巻き銀河をほぼ真正面から見ている(=face on)
★M101(300mmF2.8)

★同(ボーグ125ED屈折)

2011年2月26日1時〜3時頃
オリンパスE-410(ISO1600,RAW)
1分露光×4枚
NikkorED300mmF2.8
ペンタックスK-5(ISO3200,DNG)
1分露光×4枚
ボーグ125ED,0.85レデューサ(fl=680mm)
@郡上市大和町剣Twitter

M104ソンブレロ星雲

2011年03月03日
系外星雲@郡上市大和町、その4
この銀河をほぼ真横から見ている(=edge on)
★M104(300mmF2.8)

★同(ボーグ125ED屈折)

#やはりもっと長焦点で撮りたい>器材が大型化>手間がかかる>挫折・断念=悪循環 orz
2011年2月26日1時〜3時頃
オリンパスE-410(ISO1600,RAW)/1分露光×4枚
NikkorED300mmF2.8
ペンタックスK-5(ISO3200,DNG)/1分露光×4枚
ボーグ125ED,0.85レデューサ(fl=680mm)
ロスマンディGM-8赤道儀ノータッチ@郡上市大和町剣Twitter

西天に沈む冬の星@鷲見

2011年03月04日
ここのところ、お気楽ノータッチによる系外星雲(の中途半端なUp)画像が続いた。
やはり、もっと長焦点でクローズアップしないと系外星雲は面白くない。
たっぷり露光時間をかけ、精細な画にしたい。
>機材が大がかりになり、手間もかかる(=どうも自分の性分に合わない)
↑と言いつつも、お気楽固定撮影2枚↓
★西に沈むオリオン(ペンE-P1,17mmパンケーキ)

★西に沈むぎょしゃ、ふたご、こいぬ等
(D700,対角魚眼)

しかし、こんなお気楽撮影ばかりでは発展性がない>別の方向も考えたい>今週末は久々に長焦点にトライしてみようかな?
2011年2月26−27日晩、(30秒露光×多数枚比較明)
オリンパスPEN EP1(ISO400,JPG)/M.Zuiko_D17mmF2.8
ニコンD700(ISO400,RAW)/Zenitar16mmF2.8FishEye→F4
@郡上市高鷲町鷲見Twitter

しし座のトリオ

2011年03月05日
系外星雲@郡上市大和町、その5
しし座の後ろ足に3つの系外星雲が集中している。
★(300mmF2.8)

★(ボーグ125ED屈折)

写野中央を外しており、トリミングで誤魔化したが、星像が崩れている orz
2011年2月26日1時〜3時頃
オリンパスE-410(ISO1600,RAW)/1分露光×4枚
NikkorED300mmF2.8
ペンタックスK-5(ISO3200,DNG)/1分露光×4枚
ボーグ125ED,0.85レデューサ(fl=680mm)
ロスマンディGM-8赤道儀ノータッチ@郡上市大和町剣Twitter

長焦点試写@自宅

2011年03月06日
昨夜は昼間の好天が残り、星を拝むことができた。そこで、長焦点撮影にトライ。
長焦点と言ってもfl=1200mm余どまり。
できればノータッチで済ませたい。
というのは、オートガイド(GM-8赤道儀+STV)では、屈折直焦点でfl=700mmが限度。
EM-200赤道儀に20cmF6ニュートン反射でオートガイド(PHD)という手もあるが、ここ1年余り同機は使っていない(準備に手間がかかる)。
そもそも、GM-8もEM-200も自動導入でない為、天体を一発導入できず能率的でない。
そこで、LX90-20SCTとなった。追尾性能はともかく自動導入機能があり効率が良い。
★LX90-20直焦点で撮影中

★同、星座線入り

LX90-20は、上位機LX-200よりも自動導入精度は落ちる。だが、いったん近くの恒星から導入すると、ほぼ写野中央に目的天体が入る。
久しぶりにLX90-20を出したので設定等にもたつき、ようやく撮影を始めたら、程なく雲が張り出した。orz
(なお、このとき撮影した画像は後ほど掲載の予定です)
2011年3月5日24時頃(30秒×6枚比較明)
オリンパスペンE-P1(ISO400,JPG)
M.ZuikoD17mmF2.8開放
@自宅前Twitter

M1カニ星雲@自宅

2011年03月06日
長焦点試写@自宅の1枚めは、西空低くなったおうし座のM1(カニ星雲)
1分露光でも星が流れていたので30秒に切り詰めたが、それでも流れている。orz
だから↓画面から少し離れてご覧下さい(笑)

↑画像から複雑そうな中を想像してください(爆)
やはり、長焦点はオートガイド必要>感度も下げて十分露光すればもっと精細になる筈。
2011年3月5日23時10分〜16分
(30秒×2枚加算)×6枚加算平均
ペンタックスK-5(ISO3200,DNG)
Mead20cmSCT(F6.3Reducer)
LX90-20ノータッチガイド@自宅Twitter

発見1か月後のおおぐま座矮新星

2011年03月07日
発見から1か月経ったおおぐま座矮新星がどうなったか?撮ってみた。

どうやら、ほぼ沈静化しているようだ。
2011年3月6日2時48分〜50分
(60秒×2枚)
オリンパスE-410(ISO800,RAW)
NikkorED300mmF2.8
高橋P型赤道儀ノータッチ
@郡上市高鷲町鷲見Twitter

M64黒眼星雲

2011年03月08日
長焦点試写@自宅その2
「黒眼星雲」とはよく言ったものだと思う。
LX90コントローラの表記はカタカナで「コクガンセイウン」。自分は「くろめ」星雲と思い込んでいた。

2011年3月5日23時34分〜43分
(30秒×12枚加算平均)
ペンタックスK-5(ISO3200,DNG)
Mead20cmSCT(F6.3Reducer)
LX90-20ノータッチガイド@自宅Twitter

オリオン座@郡上八幡

2011年03月09日
ここ2,3日、我が家のネット環境が絶不調。orz
★オリオン座@郡上八幡

★同、星座線入り

WAN側が絶不調で、運よくつながっても異様に遅い>CATVモデムの不調か?
(画像は昨年暮れに撮影したもので未公開のものです<何故か公開し忘れていた)
2010年12月11日、時刻不詳
ニコンD700(ISO1600,RAW)/Nikkor50mmF1.4⇒F2.8
@岐阜県郡上市八幡町Twitter

M51子持ち星雲@自宅

2011年03月10日
長焦点お気楽試写@その3(これで終わりです)
ノータッチ、放置追尾では30秒が限界>ISO感度を上げざるを得ない>画質悪化・解像度低下>多少焦点短くても、きっちり撮った画像の方が良いようだ。
■A■DNG→Tiff→(×2枚加算)×6枚加算平均

■B■JPG画像×12枚加算平均

(A,Bいずれも同じ撮影コマで合成)
ぱっと見、両者にあまり差を感じない=稚拙な画像処理であるということか orz
2011年3月5日24時頃(30秒露光×12枚コンポジット)
ペンタックスK-5(ISO3200,RAW)
Mead20cmSCT(F6.3Reducer)
LX90フォーク式赤道儀ノータッチガイド@自宅Twitter

はくちょう座βアルビレオ

2011年03月11日
白鳥の嘴にあたる星で、ゴールドとブルーの美しい二重星として知られる。

フォーサーズ規格E-410(ISO100)にNikkorED300mmF2.8を付けて撮影した。135換算で600mmだが、ちゃんと分離したのには驚いた。
アルビレオは↓はくちょう座β星(「北十字」の先端の星)

2011年3月6日2時頃(マニュアル1秒露光)
オリンパスE-410(ISO100,RAW)
NikkorED300mmF2.8(上画像)
ニコンD700(ISO800,RAW)/4分露光4枚
Nikkor28mmF2.8⇒F4(下画像)
高橋P型赤道儀@郡上市高鷲町鷲見Twitter

夏の大三角形@郡上市高鷲町

2011年03月11日
東北地方太平洋沖地震の被害が序々に明らかになってきた。
■■ 被災された方々に心からお見舞い申し上げます ■■

★夏の大三角形(@郡上市高鷲町)

★同、星座線入り

(前回記事「アルビレオ」の説明用に掲載した画像と同一のもの)
2011年3月6日2時頃(4分露光×4枚コンポジット)
ニコンD700(ISO800,RAW)/Nikkor28mmF2.8→F4
高橋P型赤道儀ノータッチ@郡上市高鷲町

TVの臨時ニュースで流れる画像を視て、地震・津波の怖さをあらためて知った。Twitter

M27亜鈴星雲

2011年03月12日
巨大地震発生と大津波から丸1日経った。
大きな被害が明らかになりつつある。
不幸にして被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。


M27(左右のみトリミング)

2011年3月6日2時頃(1分露光×8枚)
オリンパスE-410(ISO800,RAW)/NikkorED300mmF2.8
高橋P型赤道儀ノータッチガイド@郡上市高鷲町Twitter

東北地方太平洋沖地震

2011年03月12日
表記に関する情報が混乱しているように感じる。
昨日より、テレビから目が離せない人も多いのでは無かろうか。
個人的に、民放TVの報道の仕方に疑問を感じる。
例えば、救助中(ホバリング中)のヘリコプターの上から、報道ヘリがTV撮影中継していたが、言語同断である。
また、某TV局ベテラン女性キャスター、ようやく落ち着いた気もするが、午前中は煽り口調で気になった。
夕方の官房長官会見で、各報道機関に対して過激な報道姿勢について注意喚起がなされたが、当然であろう。
(新聞社などにも言えるが)正しい報道は大切だが、優先順位は1番でない。1番は人命救助なのだ。
報道優先意識=救助活動妨害、煽り、立入禁止無視..
こんなことを繰り返していると、いずれ報道規制がまかり通るようになると思う。(憂)
なお、拙ブログサイドバーにNHK広報と地震情報のTwitterを載せています。
幅が狭くて見にくいです。
(それよりも、余分なリツイートが目障りです)

地震に関するメール等の取扱にご注意を

2011年03月13日
大地震に関わる情報が混乱している。
昨夜は福島原発1号機事故の報道に便乗した?某石油精製所の事故で汚染された雨が降る?等、誤った情報が流れた。
また、大停電と原発事故に関係して?節電の報道が流れたことから、節電を呼びかけるチェーンメールが飛び交った。
↑同じ事を訴える記事をブログ等でも見かけた。
(日本が50サイクル圏と60サイクル圏に分かれていることを知らないのか?)
まず、デマ、流言飛語は厳に慎むべきである。
それにも増して重要なのは、↑これら情報の真偽を確かめもしないで「知ったか(ぶり)」「受け売り」をしないことである。
このことに関して、OCNのページに「お願い」が掲載されている。詳しくはこちら↓
http://www.ocn.ne.jp/info/announce/2011/03/13_1.html
終わりに、同ページの最後の部分を引用する。
-------------以下、引用部分-------------
【情報を広める前に】
インターネット上には「情報は、不正確であっても速く知らせることが重要」という意見と「不正確な情報をむやみに広めると、パニックを引き起こす」という意見が見受けられます。

刻々と状況が変わるなかで、一概にどちらが正しい、とは言えません。
ただ、何らかの情報を広めた人には、それに伴う責任が生じるということは言えます。

みなさまの手元に、地震に関する情報が届いたときは、その情報の取り扱いに十分にご注意下さい。
----------(引用はここまで)----------
詳しくはこちら↓
http://www.ocn.ne.jp/info/announce/2011/03/13_1.html

NGC4565@自宅

2011年03月13日
地震発生から二晩。被害が増大している。
マグニチュードはM9.0に訂正された。
NHKは、被災した方々の安否情報を放送し始めた。
(教育TV,NHK-FM,データ放送)
NTTは被災地域の電話代無料を決めた=当たり前だが、そもそも電話が使えない。

久しぶりに好天となった。これまた久しぶりにLX200-25で星見した。
所有機材の中では一番大口径・長焦点で、移動用には適さない。

(ペンE-P1(ISO400,JPG)/M.ZuikoD17mmF2.8/30秒露光×多数枚比較明)
最近は移動観察ばかりで、文字通り埃を被っていた。
NGC4565(かみのけ座の銀河:Edge on)

2011年3月13日01時30分〜50分
(30秒×9枚コンポジット)
ペンタックスK-5(ISO6400,DNG)
Mead25cmF6SCT
LX200-25赤道儀ノータッチ@自宅Twitter

地震発生後、Twitterで投稿された心に残るつぶやき

2011年03月14日
『M9.0世界最大級となったのか。じゃ、今後復興のためのエネルギーも愛も、世界最大級にしなくちゃ。』
(表記サイトの掲載文から抜粋)
心に残るつぶやき、元気が出る言葉が集められています。
掲載サイトは↓こちらです。Twitter
http://prayforjapan.jp/tweet.html

M20いて座の三裂星雲@自宅

2011年03月14日
土曜の晩は、ほぼ上弦の月が西に低くなるのを待ってからの星見だった。
4時頃になると夏の星座が結構高く見えており、季節の移ろいを感じる。
さそり座はほぼ南中し、(低空ではあるが)いて座界隈の星雲が見えていた。
★M20いて座の三裂星雲

たった30秒露光にも関わらず、(fl=1600mmにもなると)追尾の歩留まりが良くない。

LX200赤道儀の導入精度は高く、(近くの天体からの連続導入であれば)ほぼ写野の真ん中に目標天体が入る。
>M天体であれば殆どはK-5ファインダー越しに天体の眼視確認可能。
>微調整して中央に導入後、ENTERキー押下で機械に視野が同期していることを教える。
>次の天体指定..この繰り返し。実に快適だ。
ところが、追尾精度となると、長焦点が災いして点像で留めるのが厳しくなる。
追尾に関しては、オートガイダーを使うべきであろう。
2011年3月13日4時頃(30秒露光×4枚)
ペンタックスK-5(ISO6400,DNG)
Mead25cmF6,SCT直焦点
LX200-25赤道儀ノータッチ@自宅Twitter

M8干潟星雲@自宅

2011年03月15日
M8干潟星雲は、前回掲載のM20三裂星雲のすぐ南に位置する。
ノータッチ30秒止まりなのに、それでも追尾精度が悪い。orz
★M8いて座の干潟星雲

点像に収まる画像が一枚もなく、かなりぼけぼけの見苦しい画になってしまった。
口径25cmSCTは移動用ではないので、オートガイドすべきだったのだ。
2011年3月13日4時頃(30秒露光×3枚)
ペンタックスK-5(ISO6400,DNG)
Mead25cmF6,SCT直焦点
LX200-25赤道儀ノータッチ@自宅Twitter

M51子持ち星雲@自宅

2011年03月16日
25cmF6SCT画その4
北天に近くなるので、ずれ量も小さくなるがゼロでない orz
M51

2011年3月13日2時46分〜(30秒×5枚)
(このまま見た方が粗が目立たないです)
ペンタックスK-5(ISO6400,DNG)/Mead25cmF6,SCT直焦点
LX200-25赤道儀ノータッチ@自宅Twitter

本日のTwitter投稿より

2011年03月16日
(昨日見つけたTwitter投稿及びWeb記事より再掲します)
東北地方太平洋沖地震の情報Twitterより
======================
【重要/定期】
災害ボランティは、強い覚悟と、事前に情報収集の上の完全な自己責任が必要。
そうでなければ、自分ができる事(今は募金と節電)をしっかりとやりましょう/被災者の役に立ちたいと考えている優しい若者たちへ↓
http://chodo.posterous.com/45938410
======================
昨夜(15日晩)↑このページを読み、説得力のある文だと思った。
報道各社は、被災地に取材ヘリを飛ばし、記者を派遣し悲惨な状況を伝えていたが、何か割り切れないものを感じていた。
それが何か?↑上の記事↑を読んで、すっきりした。
報道優先意識が人命救助を邪魔していなかったか?>報道各社
=====================================
昨夜から、そして今も、当地でも雪が降った。
東北地方は非常に寒さが厳しくなっているものと思う。
15日、市内に分散蓄積してあった非常災害用救援物資(毛布など)が被災地に向けて送られたが、被災地の皆さんに届いただろうか。Twitter

M104ソンブレロ星雲@自宅

2011年03月17日
口径25cmF6SCT画その5
ガイドエラー多く、たった2枚で合成した。
★M104ソンブレロ星雲

★LX200-25SCT

オートガイダーを使えば良かった。(後悔)
2011年3月13日2時頃(30秒露光×2枚)
ペンタックスK-5(ISO6400,DNG)/Mead25cmF6,SCT直焦点
LX200-25赤道儀ノータッチ@自宅Twitter

球状星団M3

2011年03月18日
口径25cmSCT直焦点、その6
球状星団というと、一般的にはヘラクレス座のM13が有名だが、自分はM3の方がもっとも球状星団らしい姿をしていると思う。
初めて観たのは、当時国内最大だった岡山天体物理観測所の口径188cm反射望遠鏡で。
まさに天然の見事なミラーボール。素晴らしく綺麗だった。
その時の強烈な印象があり、自分の中では球状星団=M3となった。
M13の方が明るくて大きく見応えはある、だけど球の形がM3に劣る、と思う。

とか、何とか、エラそうなことを言っているが、そんなM3に申し訳ないくらい、追尾、ピント、仕上げ、どれも稚拙なレベルに留まっている。orz
2011年3月13日2時52分〜
(30秒露光×8枚)
ペンタックスK-5(ISO6400,JPG)
Mead25cmF6,SCT直焦点
LX200-25赤道儀ノータッチ@自宅Twitter

瑞泉寺山門と月

2011年03月19日
昨夜、満月間近の月@市内(井波)瑞泉寺前の老舗旅館、東山荘

持ち合わせていたコンデジ(LX3)で撮影。

瑞泉寺の山門にある見事な龍の木彫刻は、「井波彫刻」の始まりとされる。

戦国時代、瑞泉寺は一向衆の拠点となり、武士と対立した。

そのため、寺は強固な城壁(画面手前の石垣)に囲われている。
月が昇り始める直前の瑞泉寺↓

2011年3月18日18時頃〜19時頃
パナソニックLX-3
(ISO感度Auto,プログラムオート)
@市内、井波瑞泉寺前Twitter

球状星団M5

2011年03月20日
M5も見応えがある球状星団だと思う。

撮影中のLX200-25

2011年3月13日3時4分〜(15秒×11枚)
ペンタックスK-5(ISO6400,DNG)
Mead25cmF6,SCT直焦点
LX200-25赤道儀ノータッチ@自宅Twitter

twitterでチェーンメール化を防ぎ、適切に緊急情報を拡散する原則

2011年03月20日
▲twitterでチェーンメール化を防ぎ、適切に緊急情報を拡散する原則

今回の事例は、『twitterで緊急情報を適切に拡散する8つの原則』を示唆しています。

1. 情報発信は、原則として、当事者が『一次発信』を行なう。
2. 当事者がtwitterに発信できない場合で、その知人が伝えたい場合、発信元を明記して『二次発信』を行なう
3. 『二次発信』について、第三者が情報を拡散する場合は、必ず『公式RT(リツイート)』を行なう。理由あって、どうしても、解説文を加えたい場合は、必ずソース(URL)を明確にする
4. ソースの無い伝聞、および「友達の友達から」などの『三次発信』の情報は、どんなにショッキングな内容でも、一切の拡散はしない。
5. 特に緊急時は、『一次発信』『二次発信』の情報でも、1日経過すると状況が大きく変わっている場合がある。公式RTする前に、twitter検索やgoogleリアルタイム検索するなどで、事前確認をする
6. 『一次発信者』および『二次発信者』および『ソース(URL)付きで情報を広げた者』は、事態の好転を確認し次第、元のツイートを削除の上、事態が好転した旨を説明の為ツイートする。
7. 但し、緊急性の高い『救難依頼』は、それをツイートするよりも、『一次発信者』である当事者か、『二次発信者』である、その知人が災害本部などの救難機関へ通報する。
8. 第三者が緊急性の高い『救難依頼』をtwitterで見た場合、それが『一次発信者』および『二次発信者』の情報であれば、そこに通報の有無を確認し、通報されていなければ、なるべく通報を促し、通報終わり次第、『救難依頼』を削除して貰う。それが、難しい状況であれば、通報を代行し、通報した旨を『一次発信者』および『二次発信者』に伝える。そして、『救難依頼』のツイートを削除して貰う。

尚、今回の拡散は、通報されても行政が動けなかった事が大きな原因。

同時に、これだけネット中で拡散された事で、確かに救援に入るスピードが上がった、ある種の「成功事例」にみえるかもしれません。

しかし、今回を成功事例として捉え、「緊急性がある」と思う救難先が全て、同様に情報拡散を行えば、twitter内の情報は錯綜し続け、それが被災地の救援を混乱させ、助かる者が助からない結果に繋がります。

上記の原則に基づき、適切かつ正確な情報を広げて、一人でも多く、かつ一分でも早い救難・支援・復興に繋げてください。
====================================
この記事は、ここから引用、抜粋転記しました。

私的提案>今後の原発

2011年03月20日
1000年に1度という未曾有の大震災により不幸にして犠牲となられた方々にあらためてお悔やみ申し上げます。
犠牲者及び被災者の問題と共に問題化しているのが福島第1原発事故。
想定外とはいえ、今回の大震災を機に原発神話が崩れた。と見る人が多いと思う。
万が一のことを想定しなければならぬ状況下に陥ったのだから、致し方ないかと思う。
(現に、多数の人たちが、町を挙げて全員非難を余儀なくされたのだから。)
==== 以下、あくまで素人の考えであることを予めお断りしておきます ====
(敢えて言わせてもらえば)
現時点で福島原発は、その最悪の事態(スリーマイル事故)に至っていないではないか。
関係者の献身的努力に負うところが大だと思う。<本当に頭の下がる思いです。
そして、想定外の津波とはいえ、よくぞ今まで保っている=凄いじゃないか、と思う。

さて、現在の我が国のエネルギー供給事情を考えると、
今回の大災害を機に、それでも原発を止めるわけにはいかないのでは?と思う。
だからといって、自分の所(県)へ原発建設となると、途端にトーンダウン=反対となる。
想定外とはいえ、住民一斉退去・避難となるのは(自分も)嫌だ。

だから、住民が避難するのではなく、原発そのものが避難(撤収)するようにできないか。
>TVで流れる福島原発の地図を見ていて、西側半分だけが陸地=避難勧告区域になっていることに気づいた>西側も海であれば問題ないではないか。

そこで、提案を2つ。

【提案・1】沖合の海上に原発基地を建設したらどうか。
現に、海底油田基地は海の中に採油井戸の建屋が建設されているではないか。
【利点】
・万一の時、住民総避難せずに済む。
・土地交渉に難航せずに済む。
・燃料輸送の危険が少ない。
・万一最悪の事態には、建屋ごと海中に沈められる。
【難点】
・海上から本土までの海底ケーブル敷設コスト(遠いほど高コスト)がかかる。
・漁業補償問題。
・保安上、緊急処置が遅れる可能性がある。

【提案・2】係留ドックに原発を建設したらどうか。
我が国は、世界最大規模の造船ドック=造船技術があるではないか。
普段は、電力需要の多い地方の海岸に専用桟橋を建設し、そこに係留・半固定して運転する。
そして、万一の津波に備え、海岸線(津波)と直角になるよう船体を向けておく。
【利点】
・万一の時、住民総避難せずに済む。
・土地交渉に難航せずに済む。
・燃料輸送の危険が少ない。
・電力が不足する地域へ、移動できる。
・送電線設置コストが抑えられる。
・保安上、緊急措置が遅れる可能性は低い。
・万一最悪の事態には、建屋ごと安全域へ待避できる。(=住民避難回避)かつ、海中に沈められる。
【難点】
・漁業補償問題(但し提案・1程でないと思う)

如何だろうか?素人故、考慮されてない部分も多いとは思う。
現状、福島県では原発事故の影響で多くの方に多大な影響を及ぼしていることを考えると、原発海上設置案はあながち突拍子も無い案と言えないのではないか。

球状星団M13@自宅

2011年03月21日
口径25cmSCT画その8
縦横比及び若干トリミングしているのできちんと比較できないが、前掲のM3やM5と比べて大きいことが分かる。

小口径望遠鏡・中倍率でも星団の糠星を分離して見ることは可能だが、口径の大きい望遠鏡で見た方が中心付近まで星が分離し、迫力が増す。
↓撮影中のLX200-25
(前記事掲載画像の星座線入り版)

2011年3月13日3時17分〜(15秒×18枚)
ペンタックスK-5(ISO6400,JPG)
Mead25cmF6,SCT直焦点
LX200-25赤道儀ノータッチ@自宅Twitter

大型球状星団M22@自宅

2011年03月22日
25cmF6SCT画その9
(球状星団は、これで終わり)
いて座の球状星団M22は前回のヘラクレス座のM13よりもさらに大きく見える。

(この画像はノートリミング)
これより大型の球状星団はケンタウルス座のω(オメガ)星団ぐらいしかなかろう。
M13は天頂高くを通過し見やすいのに対してM22は南空低いため損をしている。
ω星団に至ってはもっと南に低く、自宅周辺では南の山稜すれすれを通過する。
そのため、(緯度の高い)パリ在住の天文家メシエはω星団を見ることができなかった=だからM天体にも登録されなかった=一番損していると思う。
2つとも南空に低くなかったら、本当はもの凄く見応えのある球状星団だと思う。
2011年3月13日4時32分〜(15秒×10枚)
ペンタックスK-5(ISO6400,JPG)
Mead25cmF6,SCT直焦点
LX200-25赤道儀ノータッチ@自宅Twitter

M17馬蹄形星雲@自宅

2011年03月23日
口径25cmSCT画その10
別称Ω(オメガ)星雲。自分には伊勢エビのようにも見える。

ピント修正したかったが、既に明け方4時を回っており、再修正は諦めた。
いて座方向を撮影中のLX200-25

2011年3月13日4時20分〜(30秒×4枚)
ペンタックスK-5(ISO6400,JPG)
Mead25cmF6,SCT直焦点
LX200-25赤道儀ノータッチ@自宅Twitter

ようやく晴れた!

2011年03月24日
ここのところ天候の悪い日が続き、写欲も下降の一途を辿っていた。
昨日も夕方になって降雪があった。GPVの予想では雲が切れて晴れる筈なのに..。
それでも職場を出る頃になると、西の空から雲の切れ間が見えるようになった。

帰宅途中、寄り道して撮影。
(by K-5 @市内院瀬見地区)

帰宅し、やや遅い夕食。その後すぐ外へ出ればよいものを、もたもたしていて出遅れる。
オリオンの下半分は医王に埋もれてしまっていた。(by PEN E-P1@自宅)

東空に下弦前の月が昇り始め、空を明るくし始めていた。

2011年3月23日19時頃〜(K-5)、23時頃〜(E-P1)
ペンタックスK-5
(ISO400,800,JPG,15秒露光×複数枚)
オリンパスペンE-P1
(ISO400,JPG,30秒露光×複数枚)
@市内院瀬見、@自宅Twitter

M16わし星雲@自宅

2011年03月25日
口径25cmF6SCT画その11
ガイドエラー多く、比較的ましな2枚で合成した。

2011年3月13日4時27分〜(30秒×2枚)
ペンタックスK-5(ISO6400,JPG)
Mead25cmF6,SCT直焦点
LX200-25赤道儀ノータッチ@自宅Twitter

冬の大三角、ふたご座@立野原

2011年03月26日
帰宅時に寄り道撮影。ぎょしゃ座を入れなかったのが失敗。

星座線入り

135換算28mmでは厳しい。(24mmなら楽勝であろう)
2011年3月23日20時頃(1分露光×4枚)
ペンタックスK-5(ISO1600,DNG)/DA18-135mmWR広角端F3.5→F4
タカハシTG-SD改ノータッチ@市内立野原(ばんにん原)Twitter

西空に沈むオリオン(動画GIF)@鷲見

2011年03月27日
再び我が家のInet環境が不調だ。
(昨日からほぼ丸1日Inetへ通らなかった)
どうも我が家だけでないのかも知れない
(CATV回線かも?但しTVは問題無し)
ともあれ、回線が通るうちに本日の分をUpしておかないと...

※動画GIFなので、表示に少々時間がかかるかも知れません※
2011年2月26日23時頃〜(30秒露光×複数枚画像から合成)
オリンパスペンE-P1(ISO400,JPG)/M.ZuikoD17mmF2.8
@岐阜県郡上市高鷲町鷲見Twitter

系外星雲M81,M82@郡上大和

2011年03月28日
相変わらずInet環境が不調のままだ。orz
(CATVモデムがDHCPアドレスを取得できてない気がする)
M81,M82

(2月末にUpした中から追尾の悪い2枚を減らした)
2011年2月26日2時頃〜(1分露光×4枚)
ペンタックスK-5(ISO3200,DNG)/1分露光×4枚
ボーグ125ED,0.85レデューサ(fl=680mm)
ロスマンディGM-8赤道儀ノータッチ@岐阜県郡上市大和町剣Twitter

医王に沈む冬の星@自宅

2011年03月29日
日曜の晩、久しぶりに澄み切った星空となった。

このまま朝まですっきり晴れることは間違いなかったが、翌日通常勤務の為、泣く泣く切り上げた。
2011年3月27日22時14分〜(1分露光×32枚)
ニコンD700(ISO800,RAW)/Nikkor28mmF2.8→F4
@自宅前(医王山の向こう側は金沢市)Twitter

北斗@自宅

2011年03月30日
冬の星が西天に沈む頃、北斗(七星)が北天高く横向きになる。

星座線入り

この晩の透明度は悪く、暗い星があまり見えなかった。
久しぶりにZuiko_Dパンケーキで星を撮った。
2011年3月29日23時7分〜(60秒×4枚)
オリンパスE-30(ISO1600,RAW、NR-on)
Zuiko_D25mmF2.8→F4
タカハシTG-SD改ノータッチ@自宅Twitter

医王に沈むオリオン@自宅

2011年03月31日
昨晩も星は見えたが、透明度は良くなかった。さらに雲が邪魔をした。

2011年3月30日21時20分〜(30秒露光×24枚)
オリンパスペンE-P1(ISO400,JPG)/Zuiko_D17mmF2.8
@自宅Twitter
作者 : 南砺龍吉

南砺市に生まれ現在に至る。自然環境(美しい星空)に恵まれた南砺市を全国にアピールしたい。
画像の著作権は放棄していません※無断利用、直リンク等禁止※


Monitor check




全ての色が異なって見えればOKです。


※バナーのデザインは一切改変せずご使用願います。

2015 年
4
6
8
9
10
11
12
2014 年
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。