nanto-e.com archive

なんと!−e星空..*・☆

★南砺の地から星空関連やローカル情報を画像紹介します。毎日更新中★

北アメリカ星雲、ペリカン星雲@高鷲

2012年06月01日
2晩めの高鷲で撮影したもの(その1)

前夜にも挑戦したが、星の膨らみが酷く断念した。
稚拙な処理術に加え、構図も宜しくない。orz
2012年5月27日1時37分〜(300秒×6枚加算平均)
EOS40D(SEO-SP2/ISO1250,RAW)/NikkorED300mmF2.8→F4
ビクセンSXD赤道儀ノータッチ@岐阜県郡上市、高鷲スノーパーク
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

はくちょう座サドル付近@高鷲

2012年06月02日
2晩めの高鷲で撮影したもの(その2)

これも前夜に挑戦したが、星の膨らみが酷くて話にならなかった。
(都合により、明日のブログ更新は遅れます)
2012年5月27日2時09分〜(300秒×4枚加算平均)
EOS40D(SEO-SP2/ISO1250,RAW)/NikkorED300mmF2.8→F4
ビクセンSXD赤道儀ノータッチ@岐阜県郡上市、高鷲スノーパーク
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

わし〜いて座の銀河@高鷲

2012年06月03日
高鷲から南方向は、岐阜・名古屋方面の市街地の光が邪魔をする。

↓星座線入り

画面右(西)へ大半が出てしまっているが、さそり座は南よりも(光害を逃れた)南西方向の方が見やすいかも..。
2012年5月27日01時42分〜(240秒×4枚加算平均)
ニコンD700(ISO1000,RAW)/Nikkor28mmF2.8→F4
高橋P型赤道儀ノータッチ@岐阜県郡上市、高鷲スノーパーク
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

なばなの里

2012年06月03日
ついアジサイ名に目がいってしまう。(性)

↓星の空

↓星花火

↓星の桜(ピンク)

de 龍吉(iPhone4s)
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

神宮参拝@伊勢

2012年06月03日

神宮御垣内特別参拝と御神楽奉納をしてまいりました。

↑参道を進む

↑この奥で特別参拝をした。
前日土曜日に見学したトヨタテクノミュージアムで↓
↓初代トヨエース(左)↑クラウン(右)
#さすがに記憶にない。

↓カローラ、初代セリカ
#オイルショック前後?で記憶にある。

トヨタ産業技術記念館には、豊田自動織機の変遷を示す展示もあった。
個人的には、自動織機の方に興味があったが、前日は日程が遅れていて十分に見られなかったのが残念。
 de 龍吉(iPhone4s)
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

今宵は部分月食

2012年06月04日
月が昇り始める南東の空に注意。
19時頃開始→20時過ぎ最大→21時7分頃終了

画像は昨年12月の皆既月食時のもの。
(今回はこれよりも浅い食=約40%です)
2011年12月10日22時33分(1/20秒)
ペンタックスK-5(ISO感度200,400,JPG)
ボーグ100ED屈折直焦点(fl=400mmF4)
高橋EM-10赤道儀ノータッチガイド@愛知県碧南市浜町、碧南市運動公園
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

曇天下の部分月食

2012年06月05日
表題の通りです。19時台:雲厚く見えず、20時台:ぼんやり月の位置が分かる程度。

21時近く、少し輪郭が見えた時の画像↑月食終了数分前。

状況↑月の高度が低かったため、雲に勝てなかったようだ。
2012年6月4日20時59分(1/15秒)
オリンパスE-30(ISO感度400,JPG)/高橋FC60屈折直焦点(fl=500mm)
高橋EM-10赤道儀ノータッチ@自宅前
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

見えました

2012年06月06日

雲間から金星の影です。(画面下が東方向)
肉眼+太陽観察メガネでも見えました。

de 龍吉(iPhone4s)

2012年6月6日8時55分頃(iPhone4s:オート露光)
高橋P型赤道儀+5cm屈折投映法による画像を撮影@市内山見地区
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

本日、金星の日面通過

2012年06月06日
いよいよ本日6日朝から昼過ぎにかけて金星が太陽の前を通過する。
↓画像は2か月前の金星(と昴)

下から、すばる(M45,プレヤデス星団)、4日の金星、5日の金星
(5日の金星は、薄雲のためにぼかされて光芒が膨らんでいる)
今回と同じ現象が8年前の2004年6月8日にあったが、今回同様、天候不順な時期であったことなどから見逃している。=したがって、金星の日面通過は初めての経験。=画像は無い。
代わりに、ということで、以前に水星の日面通過(比較的見る機会はある)を撮影した筈で、その画像を探したが見あたらない。
やむなく、金星のみの画像を載せることにした。
★次回、この現象が地球上で見られるのは105年後である★
つまり、今生きている我々は、ほぼ誰一人として次回の現象を見ることはできない。
ともあれ、明日は是非とも晴れてほしいものだ。
2012年4月4日、5日19時15分〜20時頃(8秒、10秒露光)
オリンパスE-3,E-30(ISO400,800,RAW)/NikkorED300mmF2.8→F4/ZD12-60mmF2.8→F3.2
高橋P型赤道儀ノータッチ@市内蓑谷地区
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

金星の日面通過−2

2012年06月07日
雲に阻まれインターバル撮影どころでなかったが、強引に動画GIFにしてみた。

画像をクリックすると別窓に1280ドット幅の拡大版を表示します。
画像上が北方向、右が西方向。(金星は、太陽の東北東方向から北北西方向へ通り抜けた)
一部ピンぼけ画像が入っている。(10時台の2枚。仰角が上がり、カメラが重力に負けたため)
2012年6月6日8時〜13時32分(1/125秒〜1/400秒)
オリンパスE-30(ISO100,JPG)/高橋FC60屈折直焦点fl=500mm
高橋EM-10赤道儀ノータッチ@市内山見地区
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

金星日面通過−3

2012年06月08日
前回動画GIFに使った静止画像から。第3接触前後の13時台↓

↑13時20分

↑13時25分

↑13時30分

↑13時32分
画像上が北方向、右が西方向。
2012年6月6日8時〜13時32分(1/125秒〜1/400秒)
オリンパスE-30(ISO100,JPG)/高橋FC60屈折直焦点fl=500mm
高橋EM-10赤道儀ノータッチ@市内山見地区
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

金星日面通過−4

2012年06月09日
動画GIFに使った静止画像から−2↓8時台↓

↑8時0分

↑8時30分

↑8時58分

↑13時08分。(いずれも画像上が北方向、右が西方向)
8時以前は雲が多すぎた。6時台から準備したが、雲間から太陽が全く顔を出さなかった。
2012年6月6日8時0分〜58分(1/125〜1/400秒)
オリンパスE-30(ISO100,JPG)/高橋FC60屈折直焦点fl=500mm
高橋EM-10赤道儀ノータッチ@市内山見地区
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

そろそろ

2012年06月10日
ホタルが気になる時期となった。

2010年6月10日21時頃(30秒露光×30数枚比較明合成)
オリンパスペンE-P1(ISO400,JPG)/Zuiko_D14-42mmF3.5広角端 @市内沖地区(西大谷川)

↑3年前に撮影したホタル画像
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

6.11

2012年06月11日
今日は、6月11日=自分にとってはメモリアル・デー。
【1】1983年6月11日:ジャワ皆既日食(29年前)

↓ダイヤモンドリング

カメラファインダー越しに第3接触を目撃し、あまりの美しさにシャッターを切り忘れ、ジャストタイミングを逃している。
【2】2002年6月11日:部分日食(12年前)

雲間の観察。(一眼デジが無く、投影された太陽像を普及し始めたデジカメで撮影)
19年後の同じ日だが、サロス周期(18年と11日)とは関係がなさそう。
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

M20三裂星雲

2012年06月12日

入梅となり、新規画像投入が厳しくなった。(昨年の画像です)
2011年6月3日24時50分(5分露光×3枚)
EOS40D(SEO-SP2/ISO800,RAW)/PENTAX105EDHF(fl=700mm)
SXD赤道儀+Nexguide自動追尾修正@自宅
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

M27亜鈴状星雲

2012年06月13日

これも昨年撮影したもの。m(_ _)m
2011年6月4日2時30分〜(5分露光×3枚)
EOS40D(SEO-SP2/ISO800,RAW)/PENTAX105EDHF(fl=700mm)
SXD赤道儀+Nexguide自動追尾修正@自宅
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

金星日面通過−5

2012年06月14日
今更ですが、先週の金星日面通過の画像で↓これをやり残していた。

金星の通り道がガタついて見えるのは、何よりも極軸を正しく合わせていないから。
これを補うべく、黒点を基準にコンポジットして太陽の向きを揃えようと試みた。
ある程度効果があったとは思うが、完全ではなく不自然な画になった。
一つには黒点も太陽の自転により少し移動するためかと思う。
2012年6月6日8時〜13時30分(1/125〜1/400秒)6枚を黒点を基準に比較暗合成
オリンパスE-30(ISO100,JPG)/高橋FC60屈折直焦点(fl=500mm)
高橋EM-10赤道儀ノータッチ@市内山見地区
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

M8干潟星雲

2012年06月15日

再び昨年のものの再掲画像です。梅雨の晴れ間が続くが、星見はできずもどかしい。
2011年6月3日24時16分〜(5分露光×4枚加算平均)
EOS40D(SEO-SP2/ISO800,RAW)/PENTAX105EDHF(fl=700mm)
SXD赤道儀+Nexguide(自動追尾修正)@自宅
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

医王に沈む金星(静止画/動画GIF)

2012年06月16日
一昨年6月に撮影した金星(宵の明星)の再掲です。
(↓静止画)

(画像をクリックすると別窓にSXGAサイズで表示します)
左上端の軌跡は火星、中央の明るい軌跡が金星、火星と金星の間にしし座αレグルスの軌跡が写っている。
+画面左下隅の小屋付近にホタルの軌跡が微かに見える?はず?
(↓動画GIF)

※約1時間(3600秒)の動きを約45秒間で表示するので、約3600÷45=約80倍速表示となる。
2010年6月23日20時〜21時(マニュアル8〜30秒×89枚)
オリンパスペンE-P1(ISO100〜200,JPG)/Zuiko_D14-42mm広角端、絞りF3.5開放
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

C/2009R1マックノート彗星(再掲)

2012年06月17日
これも最近観てないものの一つ(2年前の6月に撮影した↓)

↑トリミング画像↑↓上画像を白黒反転処理↓

2010年6月6日2時26分〜54分(バルブ3分露光×8枚メトカーフコンポジット)
EOS40D(SEO-SP2/ISO400,RAW)/ボーグED10cmF4屈折直焦点
ロスマンディGM-8赤道儀+6cm屈折(STV)オートガイド
@石川県鳳珠郡能登町(柳田植物公園=「満天星」駐車場)
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

空の星と地上の星@自宅

2012年06月18日

ようやく星見(とホタル見)ができた。↓星座線入り↓

↓縦構図↓

次第に雲が増え、程なく快曇となった。ホタルが写野に入ってくれてラッキーだった。
2012年6月17日21時09分〜(バルブ1分露光×2枚比較明)
ニコンD700(ISO1600,RAW)/Zenitar16mmFishEyeF2.8→F4,三脚固定@自宅
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

地上の星@西大谷川

2012年06月19日

帰宅途中、寄り道してホタル見物をしてきた。

観察地は市内沖地区、ラベンダー園そばの西大谷川。
2012年6月18日20時20分頃〜(30秒露光×多数枚比較明合成)
オリンパスE-30(ISO800,RAW)/ZD12-60mm広角端F2.8開放絞り@市内西大谷川
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

ホタルと星@西大谷川

2012年06月20日
台風4号は当初の予想コースをそれてくれた。画像は昨年同期に撮影したもの。

(中央にいるか座、その右の明るい星はわし座アルタイル)

2011年6月21日21時頃(30秒露光×6枚比較明)
オリンパスE-30(ISO800,RAW)/ZD12-60mm広角端F2.8@市内沖地区、西大谷川
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

雲間から夏の銀河@自宅

2012年06月21日
台風4号後の晴れ?というか雲の合間に見えた夏の銀河。

星座線入り(さそり座は南中時刻を過ぎてしまっていた)

2012年6月20日23時49分〜(2分露光×2枚加算平均)
ニコンD700(ISO1000,RAW)/Zenitar16mmFishEyeF2.8→F3.5
タカハシTG-SD改ノータッチ@自宅
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

雲間から夏の銀河-2@自宅

2012年06月22日
雲間に見えた夏の銀河その2

星座線入り

今回はどぎつく処理した(前回掲載画像も)

結果、違和感のある画になった。orz
2012年6月20日23時55分〜(2分露光×2枚加算平均)
ニコンD700(ISO1000,RAW)/Zenitar16mmFishEyeF2.8→F3.5
タカハシTG-SD改ノータッチ@自宅
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

夏の銀河@高鷲

2012年06月23日
20時頃晴れ間もあったが、自宅周辺は快曇。
時節柄、週末の星見は厳しいと思われた。
が、GPVを見ると飛騨地方に雲がない時間帯がある!>急いで、高鷲へ出かけた。
到着時は雲が多くて今ひとつだったが、午前1時を過ぎると次第に晴れてきた。

↑北北西方向↑↓南西方向↓

久しぶりに星見できてよかったが、(夏至直後のため)夜明けが早くて残念だった。
2012年6月23日2時19分〜、3時04分〜(2分露光)
ニコンD700(ISO1600,RAW)/Zenitar16mmFishEye絞りF2.8-F4の中間
三脚固定@岐阜県郡上市西洞、高鷲スノーパーク
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

夏の大三角形@高鷲

2012年06月24日

到着時は雲が多く、直焦点撮影は諦め標準広角レンズでの星野撮影に切り替えた。
↓星座線入り↓

パンケーキ21mmF3.2を付けたK-5&アストロトレーサーで撮影した。目立たない程度の追尾誤差はあるが、ちょいと追尾撮影するには便利である。
2012年6月23日2時32分〜(2分30秒露光)
ペンタックスK-5(ISO1600,RAW)/DA21mmF3.2→F3.5
アストロトレーサー簡易追尾@岐阜県郡上市西洞、高鷲スノーパーク
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

はくちょう、こと@高鷲

2012年06月25日

ほぼ追尾誤差ゼロに収まった例。アストロトレーサー会心の出来。↓星座線入り↓

レンズ焦点からすればわし座も楽勝に写野に入るが、あえてわし座を外した。
2012年6月23日2時26分〜(2分30秒露光)
ペンタックスK-5(ISO1600,RAW)/DA21mmF3.2→F3.5
アストロトレーサー簡易追尾@岐阜県郡上市西洞、高鷲スノーパーク
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

カシオペヤ@高鷲

2012年06月26日

いきなりカシオペヤ座です ^^;↓星座線入り↓

画面右端にアンドロメダ星雲が入っている。
2012年6月23日2時22分〜(2分30秒露光)
ペンタックスK-5(ISO1600,RAW)/DA21mmF3.2→F3.5
アストロトレーサー簡易追尾@岐阜県郡上市西洞、高鷲スノーパーク
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

たて座〜わし座の銀河と流星?@高鷲

2012年06月27日

わし座は画面上端←そこへ流星?(が飛び込んできた)↓星座線入り↓

撮影時は別の方向を見ていたのか、流星?を目撃していない。
そのため、閃光型人工天体の疑いも捨てきれず、流星?とした。
(拡大画像では、時々爆発しながら流れたようにも見えるが...)
2012年6月23日2時09分〜(2分30秒露光)
ペンタックスK-5(ISO1600,RAW)/DA21mmF3.2→F3.5
アストロトレーサー簡易追尾@岐阜県郡上市西洞、高鷲スノーパーク
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

天の川銀河@自宅

2012年06月28日

いて座付近の天の川銀河↓星座線入り↓

今週は好天が続く。残念ながら平日の晩であるため、本格的な追尾撮影はパスしたい。こんなとき、ペンタックスのアストロトレーサーはとても重宝だ。
(九州及び四国、太平洋側の方には申し訳ないが)
今のところ北陸地方は空梅雨のようだ。
2012年6月26日24時32分〜(2分30秒露光)
ペンタックスK-5(ISO1600,RAW)/DA21mmパンケーキF3.2→F3.5
アストロトレーサー簡易追尾@自宅
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

天の川@自宅

2012年06月29日
昼間は曇ることもあるが、夜は晴天が続く。
昨夜で3日連続の星夜。

2晩め(27-28日)は対角魚眼で撮影した。
↓星座線入り↓

昨晩は、上弦を過ぎた月が沈むのを待っていたらいつの間にか寝てしまっていた。orz
目覚めて外を見たら天の川は西空へ移動し、すっかり秋の空になっていた。
薄明の時間帯になっていたので撮影は諦め、肉眼による星見で終了。
2012年6月27日23時38分〜(1分露光)
ニコンD700(ISO1600,RAW)/Zenitar16mmFishEye絞りF2.8-F4の中間
三脚固定@自宅
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台

実写版7月の星空

2012年06月30日
7月15日だと23時頃の北東の空
(上旬は24時頃、中旬は22時頃)

上旬:金星がヒヤデス星団を通過、木星も接近/1日:水星東方最大離角/15日:木星食(昼間)/16日:月と金星がアルデバランに接近
*アストロアーツ社のページを参考にしました*
夏の大三角は天頂付近。対角魚眼レンズのため、西空も写っている(画面上)
「七夕」の織女星は夏の大三角形の左上、彦星は右の星。
2012年6月27日24時17分〜(1分露光)
ニコンD700(ISO1600,RAW)/Zenitar16mmFishEye絞りF2.8-F4の中間
三脚固定@自宅
HP(Nifty)星空雑記簿ハナのWeb天文台
作者 : 南砺龍吉

南砺市に生まれ現在に至る。自然環境(美しい星空)に恵まれた南砺市を全国にアピールしたい。
画像の著作権は放棄していません※無断利用、直リンク等禁止※


Monitor check




全ての色が異なって見えればOKです。


※バナーのデザインは一切改変せずご使用願います。

2015 年
4
6
8
9
10
11
12
2014 年
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。